MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

「マカロニチーズを食べてはいけない9つのワケ」という記事がオシャレ。前編

次の記事は"delish"というレシピ紹介サイトに載っていたものです。一方的にマカロニチーズを悪者にしないユーモラスな語り口にとても共感したので、ご紹介しますね。話しかけるような英文の書き方がステキです。 9 Reasons You Should Never Eat Mac and Cheese マカロニチーズを食べてはいけない9つのワケ By Rheanna O'Neil Bellomo Ma…

アメリカでマカロニチーズは実際どうとらえられているのか?星5つ?1つ?

ニューヨーク、ブルックリンの大型ス-パー"Target"にずらーっと並んでいた、Kraftのマカロニチーズ。これだけ並んでいるということは売れているということ。(前回の写真見てね。)MisTyは作って食べてみたけど、多分二度と食べない。これで食事を済ませると、一日中チーズフレーバーが体からしみ出てきそう。feeling gulty....(後ろめたさもある)成分表見ても(前回のブログにあります。…

マカロニチーズはお好きですか?なぜかguilty feelingが湧いてくる。。。

正直に申しますと、MisTyはマカロニチーズは好きではありません。 アメリカのドラマを見ていると、アメリカでよく食べられているものは、だんぜんピザですね。職場でもピザ、パーティーでもピザ、夕食が間に合わないときにはピザのデリバリー。しかもデカイ。生地は薄めが多い。一切れ持ち上げるとタラ~ンとなるので、高く持ち上げて口で受けるようにして食べる。これって日本にとっては、お行儀が悪い代表のような食べ方…

キャンベルスープがなぜアートに?作者は一体どんな人?MoMAの解説を載せました。

ニューヨーク、ブルックリンの大型スーパー、"Target"(ターゲット)に並んでいたキャンベルのスープの英語に発見と感動を求めて、4日目。最終回。 下の作品はニューヨークの近代美術館、MoMAに展示されていたアートです。"Progresso"の缶詰より"Cambell's"(アポストロフィーSつきです。)が芸術になるってことですね。どこがアートになるためのポイントなの?赤と白という色の組み合わせ…

やっぱり気になるキャンベルスープの歴史。やっぱりここにも「第二の男」がいた!

キャンベルスープ、"Cambell's"となっているからには、キャンベルさんが始めたんだろうな、長々とした歴史があるんだろうな、と思って一応"Our Story"を開くと、以外とあっさりしたものでした。こちら↓ History of Campbell Soup Company The Campbell Story At Campbell, we make many of your favorit…

キャンベルスープから、食文化へ。"Umami"(うま味)のこと。

高校1年生用の英語の教科書"ELEMENT"は多くの学校で採用されています。「ワショク」が世界的に認められ、ブームになったこともあって、Lesson 5に"Umami"が取り上げられました。 「内容の要旨を日本語→英語でまとめるプロセス」を、MisTyのレッスンプランから、ご紹介します。これは、EnglishラボのWriting Unitの英語で、要約メソッドの一つ「お話Writing」になりま…

キャンベルスープは一体どのくらい種類があるのか?スープが複数形。日本人が好きなのは・・・。

キャンベルのスープは、前回の"Progresso"に負けず劣らず、こちらも種類が多いです。ブランド名はやはり"Cambell's"とアポストロフィーS、が付いています。 "Progresso"の種類は118種類でしたが、それより多いのか?  缶のデザインが異なるものも含めると、キャンベルスープ全体で約200種類を越えます。 ホームページは真っ赤です。 https://www.campbells.…

缶詰の種類が118!写真と共に、説明をつけました。食べたいと思ったものは・・・。

ニューヨーク、ブルックリンのアトランティック・アヴェニュー駅前の大型スーパー、"Target"。五番街の高級ブティック店より、ローカルな安い店が好きです。特にスーパーの棚を見ると、文化の違いを感じます。 昨日のぐブログで見つけた、"Progresso"の缶詰を調べました。 General Millsのページから、Brandへ。そこからProgressoに入ると、想像を絶する商品のラインナップが!…

ブルックリンで「Hagoromo」が売られてるのかと思った缶詰。それどころではない驚きの発見が!150年の歴史を50秒にまとめた動画に映っているのは・・・。

昨日は、ベストフーズ(ヘルマンズ)のロゴの青いリボンでしたが、同じく、ニューヨーク、ブルックリンの大型スーパー、"Target(ターゲット)"で見つけたこの缶詰を見て、一瞬「ん?Hagoromo?」と思ったのはMisTyだけでしょうか。。。(アメリカ人が思うはずないけど。。。) だってこれですよ。 実際はもちろん違うけど、 青いリボンである 斜めのレイアウトである ローマ字である "g","r"…

「マヨネーズアイス」レシピです。作ってみます? 動画つき!

下のレシピ、動画はすべて、"myrecipes"からとったものです。動画には英語で説明が出ます。 昨日、「レシピ読み」についてお話したので、今日のレシピに目を通してみて。あ、この単語(イディオム)昨日出てきた!ってなると思う。それを1回でも会話で使ったらもう自分のもの。他のお料理を教えてあげるときにも立つと思います。 英語学習は総合的なものだから、Readingは弱いけど、Writingができる…

"Real Mayonaise"で作る、Real (?) "Potato Salad"レシピ。

「ポテトサラダ」というとあの、ねっとりしたアレですよね。お弁当には可愛らしくカップ入りで。サンドイッチにしたり。 前回、ベストフーズ(ヘルマンズ)のマヨネーズの歴史をご紹介しました。"Hellman's"のページにポテトサラダのレシピがあり、10種類のポテトサラダが載っています。日本のポテトサラダとは随分見た目が違います。 例えばこれです。 1-2-3 Savory Potato Salad "…

ブルックリンの大型スーパー、"Target"。ヘルマンの「マヨネーズ」が並ぶ。同じものが、日本では「ベストフーズ」として売られている。またまたスキャンダルか。。。?

先日日本のコストコに行きましたら、"Real Mayonnaise”が売っていました。ニューヨークの大型スーパー、"Target"でとった下の写真の一番下のものとよく似ていました。でも"Hellman's"ではなく、"Best Food"になっていました。"Real Mayonaise"と書いてあるのに、"Hellman's"じゃないのか。。。 これです。 何かあるに違いない・・・。もしかして、…

"Wiskers"も"Pedigree"も"Snickers"もあのガムも、有名なアレもみんな"Mars"だった。。。

過去にドロドロしたスキャンダルがあったにしろ、秘密主義であるにしろ、Marsが今や50のブランドを展開する大企業になったことは事実だし、同時に世界的に「良いこと」をする活動を進めていることも事実です。創業から100年を越える年月です。今回は、今のMarsは何をしているのか、です。 DO WORK YOU CAN BE PROUD OF OUR ASSOCIATES ARE EVERYDAY HE…