MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

号外です。" better for melting at three months"のこと。

昨日のブログの"Young Manchego" のところにあった、”better for melting at three months"についてのご質問ありがとございます。


前置詞の"at"のことです。
いわゆる「時間の経過を表す前置詞」ならば、"in"ですね。
"I'll be back in 10 minutes."  (10分で戻ります。)


ここの"at"は、"at this age" (この年で)と同じと考えたら良いです。


"at three months old"と"old"を補ってみても良いです。


”a baby at three months"なら、「3ヶ月の赤ちゃん」です。


”early education starts at 4 years old"   早期教育は4才で始まる。も”at"です。


ブログの写真にあった表現では、
This cheese melts at three months.   このチーズは「 3ヶ月目に」柔らかくなる。
と考えましょう。人間の成長のような表現ですね。


"in"を使って言うなら、
This cheese will melt in three months.  このチーズは3ヶ月したら柔らかくなる。


ですね。


"a three-month-old baby"とすれば、「生後3ヶ月の(目の)赤ちゃん」
ハイフンが必要でmonthは単数です。単語がハイフンで結ばれて形容詞になった形。


”every 20 year old needs to vote" では、"20 year old"をひとくくりの名詞としてあつかっています。ハイフンはなくてもいいです。口語的。


"20-year-olds"のようにハイフンでつないで、しかも複数をあらわすときは、最後に"s"をつけます。


ーーーーーーーーーー


"for"は「間」ではなくて、理由を表しています。
"Thank you for helping me."でも使われていますね。



ブログについて、コメントでもいいですが、個人的にお答えするご質問のフォームをもうけましたので、いつでも、何でもどうぞ!
こちらです。→ MisTy's Englishラボ ブログの英語質問フォームのあるページへリンク


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。