MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

号外!「ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ」を観てきました。The New York TimesのReview全文です。

渋谷のシアター・イメージフォーラムで観てきました!
アソシエイツと渋谷のホームで待ち合わせ。駅から徒歩10分ほど。
大通りから数メートル入ったところにあるので、通り過ぎ注意。。。

入り口、狭い。。。


ロビーも狭い。5人腰掛けられる椅子がある。
壁に映画に関係する切り抜きが手作りで!

上映時間は3時間を越えます。
お隣に座った、ミスター氏は40年前にジャクソンハイツにお住まいだった貿易関係のお仕事をされていた方。当時のお話も色々伺えて、excitingなひとときでした!!


映画上映は渋谷では1週間のみで、26日が最終日のようでしたが、好評のためか、延びたたようです!!


上映時間は、11:15/15:00/18:30


さらに、なんと!!トーキベント開催!


〈トークイベント〉
●11/2(金)18:30の回上映後。ゲスト:服部圭郎さん(都市計画の専門家、服部圭郎教授が映画の舞台ジャクソンハイツでおきている「ジェントリフィケーション」についてお話しいただきます。
●11/10(土)18:30の回上映後。ゲスト:芹澤健介さん(ジャクソンハイツを訪れたばかりのジャーナリスト・作家(「 コンビニ外国人 」著者)の芹澤健介さんに多様性の町の今についてお話いただきます。 


教えてくださったアソシエイツのTAKさん、有難うございました。


映画評論家、北小路隆志氏の映画評は朝日デジタルで読めます。



さて、The New York Timesのレヴューに行きます。全文の引用です。素晴らしい内容でした!
ネタバレはないので、ご覧になっていらっしゃらなくても大丈夫ですよ。



Review: ‘In Jackson Heights,’ an Ode to the Immigrant Experience
「ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ(邦題)」は移民体験の叙情歌


By Manohla Dargis
• Nov. 3, 2015


All of creation converges in “In Jackson Heights,” a thrilling, transporting love letter from Frederick Wiseman to New York and its multi-everything glory. 


作品の全てが "In Jackson Heights"に集約されている。この作品は、フレデリック・ワイズマン監督から、ニューヨークとその多様性が放つ栄光へ宛てた、ドキドキして我を忘れそうになるラブレターなのだ。


Set in the Queens neighborhood of its title — where people from across the globe are staking a claim on America while speaking Spanish, Tibetan and Punjabi — Mr. Wiseman’s latest documentary is a movingly principled, political look at a dynamic neighborhood in which older waves of pioneers make room for new, amid creeping gentrification.


タイトルにあるジャクソンハイツというクィーンズにある地域は、スペイン語、チベット語、パンジャブ語などを話しながら、世界中からやってきた人たちがアメリカに住む権利を主張しているところである。そこに焦点を定めて、ワイズマン監督の最新のドキュメンタリーは、開発で大きく動いている街で、感動的なほど信念に溢れ、政治的な意味合いをもって撮られたものだ。迫り来るジェントリフィケーション(注:地域の高級化によって貧民層が外に追いやられること)の中で、開拓者たちはどんどん年をとり、新しいものに場所をあけわたさなければならなくなった、そんな街だ。


 It’s an immigration story, so it goes without saying that it is also about New York and the United States — that “teeming nation of nations,” to steal a phrase from Walt Whitman.


それは移民のストーリーである。だから言うまでもなくそのままニューヨークの、そして合衆国のストーリーである。つまり、ニューヨーク、ひいては合衆国自体が、ウォルト・ウィットマンの言葉を借りると「様々な国から集まった集合体」なのだ。


Times Square is often called the crossroads of the world, but Mr. Wiseman suggests that that title more rightly belongs to Jackson Heights. The neighborhood, a blocky parcel formerly known as Trains Meadows and about 30 minutes by subway from Midtown Manhattan, was created in the early 20th century as a suburblike development. 


タイムズスクェアはよく世界の交差点と呼ばれる。しかしワイズマン監督は世界の交差点という言い方はジャクソンハイツに対して使う方がしっくりくると言う。ジャクソンハイツという街は、ミッドタウン郊外として20世紀初期に開発されたところで、かつては「トレインズメドウズ」として知られ、ミッドタウンマンハッタンまで地下鉄で30分ほどで行ける。


The area’s modern history is inscribed in the elevated train (the line opened in 1917) that runs along Roosevelt Avenue, its southernmost border, and which is glimpsed and heard throughout the movie. 


この地域の現代史は高架になっている地下鉄(1917年運行開始)に刻まれている。電車はニューヨークの最南端であるルーズベルトアヴェニューを通り、映画全体を通して視覚的聴覚的に現れる。


Other chapters of that history can be seen in the garden apartment houses that were built in the 1910s and ’20s, in the garden homes built after 1924 and in the gaudy storefront signs that today ornament the main commercial strips.


1910年代、20年代に建てられたガーデンアパートメントハウス、1924年後に建てられたガーデンホーム、今日中心的な商店街を飾っている派手な店頭広告でも、別の歴史が覗える。


That history is there for the reading, but Mr. Wiseman isn’t a pedagogue and doesn’t wield a hammer, much less a wagging finger. 


その歴史は本にも載っている。しかし、ワイズマン監督は教師ではない。ハンマーを打ち下ろしているのではない。ましてやべらべらいちゃもんをつけているわけでもない。


Like anthropologists (or some poets), he studies other people and their behaviors, finding meanings in the visible world. Put another way, he immerses himself in a world — call it his fieldwork — observes it closely and brings back the evidence. 


人類学者(もしくは詩人)のように、人とその行動をじっと見つめ、目に映る世界に意味を見いだしている。他の言い方をすれば自分自身をひとつの世界、つまりフィールドワークと呼んでいる世界に熱中しているのだ。目をこらして観察し、そしてそれを証拠としていく。


Crucially, to expand on this ethnographic comparison, he also edits his documentaries, in addition to doing the sound work. 


注目すべきは、彼はこの民族的な違いを深く伝えるために、サウンドワークを効果的に加えてドキュメンタリーを編集しているということだ。



“Cutting a documentary,” he said in the 1970s, “is like putting together a reality dream, because the events in it are all true, except really they have no meaning except insofar as you impose a form on them, and that form is imposed in large measure, of course, in the editing.”


1970年代に、彼は、「ドキュメンタリーを撮るということは、実在理想を組み立てるようなものなんだ。なぜなら、そこで起こっていることは事実だから。こうじゃなきゃいけないという場合を除いて全く意味が無いことは除くよ。そうすると編集段階で、大抵あるべきものが形となっていくんだ。」と述べている。


And because Mr. Wiseman doesn’t use voice-overs or talking-head interviews or, just as important, impose an obvious narrative arc on his material, or channel it through a solitary heroic figure (the “relatable” human portal), he expects you to do your interpretive share. 


またワイズマン監督はナレーターを入れない。インタビュー形式もとらないし、カメラに向かって話しかける形もとらない。誰か一人に焦点をあてる形もとらない。だから観る人が自分の解釈をもつ、それを彼は期待しているのだ。


To that end, he offers people, patterns, informative signposts and, in this documentary, actual street signs, including 37 AV and 77 ST, and 82 ST and ROOSEVELT AV. He bookends “In Jackson Heights” with parallel extreme long shots of the urban landscape, opening with an overhead shot of a daytime street tableau and closing at night with a jewel-like city aglow with bursts of fireworks. 


終わりに彼は人々、装飾文様、案内板、そして実際の道路標識を映している。それはドキュメンタリーの中では37 AV 、 77 ST、 82 ST、 ROOSEVELT AVだった。”In Jackson Heights"はブックエンドのような映画だ。始めの片方に昼間の通りの空からの描写、終わりのもう片方には花火に彩られた宝石のような都市の輝き、そしてその間に都市の景観のロングショットがはさみこまれている。


In between these paired images he writes an epic of a city, its people and the democratic process in tentative and kinetic action.


始めと終わりの2つの映像の間で、彼はひとつの街、そこに住む人々、そして民主主義のプロセスの叙事詩を描いている。それらが一瞬一瞬の動的アクションの中にある。


Mr. Wiseman plunges you into Jackson Heights like a no-nonsense tour guide, dropping you into the ’hood and immersing you in sights and sounds with a succession of harmoniously framed shots of people, corners, flags (a Brazilian banner ornaments one shot, while the Stars and Stripes waves in another) stores and bins of brightly colored vegetables. 


ワイズマン監督は大まじめなツアーガイドのように、観る人をジャクソンハイツに連れて行く。そしてそこに放り込む。人々、街角、旗(星条旗がはためき、その一方でブラジルのバナーがある)、店、色とりどりの野菜が入った入れ物の中に浸らせるのだ。


Working with his longtime cinematographer, John Davey, Mr. Wiseman also pops into a Muslim school, a Jewish center, a meeting of gay and transgender people, a City Council office and the local headquarters of Make the Road New York, an activist organization dedicated to Latino and working-class people. 


長く共に製作しているカメラマンのジョン・ダヴィーと、イスラムの学校や、ユダヤセンター、ゲイやトランスジェンダーの人たちの会合、市庁舎、「メイク・ザ・ロード・ニューヨーク」本部、ラテン系の人々や労働者のための活動団体にアポなしで入っていく。


Every so often, he pauses a while as someone delivers a song, an argument, a speech, a complaint or a tribute — what great talkers he finds!


彼は、誰かが歌を歌ったり、議論したり、演説をしたり、不平を言ったり、祈りを捧げたりしている場面に出会うとしばし立ち止まる。そうして偉大な語り手たちを見つけるのだ!


Mr. Wiseman’s subject is, famously, institutions, or, as he put it in another 1970s interview, “a series of activities that take place in a limited geographical area with a more or less consistent group of people being involved.” 


ワイズマン氏が映すものは、一定の目的を持っている団体であることはよく知られている。1970年代のインタヴューで次のように述べている。「(自分の被写体は)ほぼ一貫した主張を持っている団体で、限られたエリアで起こる彼らの一連の活動であることが多いね。」


Those institutions can seem as direct and familiar as the halls and teachers in “High School” (1968); other times, as in “Central Park” (1989), the idea of the institution emerges in the nexus of children’s playgrounds, city policies and the public commons. 


1968年公開の"High Schoo"の中で描かれている廊下や先生、また、子供の遊び場と市の政策、公共の広場の絡み合う1989年の"Central Park" にも、こうした彼の場面設定が直接的でよくあるものに思える。 


Similarly, while “In Jackson Heights” is an exploration of a particular neighborhood, Mr. Wiseman advances the idea that what makes a city — and makes it great — are the people in its streets and stores, its barbershops and laundromats, who together are weaving its cultural, social and political fabric.


ワイズマン氏は同じ手法で、"In Jackson Heights"で特定の街に焦点を当てて、街を作っているもの、そして街を偉大にしているものが、通りや商店、理髪店、コインランドリーにいる人たちであるということ、そしてその人たちは共に文化的、社会的、政治的な織物を紡いでいるのだという考えを進めている。


Over time, as the movie returns to specific spaces, touching on human rights and gentrification along the way, it develops into a deeply stirring ode to the immigrant experience and American identity. 


時を経て、彼の撮る映画は、人間の権利や地域再開発によって失われていくものに触れながら、具体的な場所へと戻り、移民体験やアメリカのアイデンティティーへの深い感動を呼ぶ叙情歌となっていく。


Each person and storefront sign carries a story, opens another world, from “Articulos Católicos” to “Himalayan Driving School” and “Whole Baby Goat.” (Animal lovers should be aware that a bird is slaughtered in one scene.) 


人や店頭のサインひとつひとつがストーリーを運び、別の世界への扉となる。“Articulos Católicos” 、“Himalayan Driving School” 、 “Whole Baby Goat.”というサインが見える。(動物愛好家は鳥が食糧として殺されるワンシーンに注目していただきたい。)


Mostly, these stories mingle peacefully, despite worried brows and references to past violence, as with a shot of the street sign for Edgar Garzon Corner, named for a gay man who was beaten to death in 2001 — an image that Mr. Wiseman answers with images from a pride march. By the time fireworks are soaring, your heart is, too.


全体的にこのストーリーは平和的だ。険しい眉と過去の暴力の話があるにもかかわらずだ。それに、2001年に撲殺されたゲイ男性の名前がつけられた「エドガー・ガーゾン・コーナー」のストリートサインのショットもある。その一枚の映像に対して、ワイズマン氏はプライドマーチで撮った多くの映像を使って答えを出している。花火が空高く上がるときには、観る人の心も空高く打ち上げられている。


In his preface to “Leaves of Grass,” Whitman wrote that the genius of America is found in its “common people” rather than in its executives or ambassadors, colleges or churches. 


ウォルト・ホイットマンは彼の著書、"Leaves of Grass"の序文で、アメリカの天才は、最高責任者や大使、大学や教会よりもむしろ「一般の人たち」の中に見いだされると書いている。


He found an “unrhymed poetry” in “their manners speech dress friendship — the freshness and candor of their physiognomy — the picturesque looseness of their carriage … their deathless attachment to freedom — their aversion to anything indecorous or soft or mean — the practical acknowledgment of the citizens of one state by the citizens of all other states."


彼は「韻を踏まない詩」を見つけたのだ。それは、次のようなものの中にあった。


飾り気のない友情 
表情にあらわれる初々しさと誠実さ 
絵のように美しい自然な姿....
自由への絶えることのない愛着は
裏返せば嫌悪感となり
非礼、軟弱、卑劣なものに向かう
ひとつの州の市民の思いは
すべての州の市民の思い


Whitman’s words are a glorious, rhapsodic catalog of everyday Americans, as well as a poem in their own right, one that for the last half-century Mr. Wiseman, in documentary after documentary and in his own generous fashion, has been expanding on beautifully.


ホイットマンの言葉には、普通のアメリカ人の楽しく、熱狂的な言葉が多く散りばめられている。そして同時に彼らの権利のポエムだ。それはワイズマン氏がここ50年の間に、自分の寛容なスタイルでいくつもドキュメンタリー撮り続け、繰り広げているポエムでもあるのだ。


監督:Frederick Wiseman フレデリック・ワイズマン


1930年生まれで、88才!!
この監督のドキュメンタリーだということだけでも、観る価値ありです!



ニューヨーカーのレヴューは、我々とはまた違った視点が感じられます。できたらもう一度観ておきたい!!
英語はあまり出てきませんが。。。。
狭い劇場なので、座席は真ん中から後ろがいいと思います。(^_^)


また機会があれば、アソシエイツミートアップでお会いしましょう。お疲れ様でした。
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。