MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩いて教材として使える英語を探し、同時に異文化や社会問題を考えています。

ニューヨークの天気予報は、最高気温が華氏表示で出る。57°は何度?"showers"はアリ。

交通情報と共に、天気予報が流れます。しかし、日本のように詳しく説明しません。日本では、ワイドショーなどで模型を使いながら、分かりやすく天気の移り変わりを説明したりしますが、それはニューヨークではないです。翌日、着ていく服のアドバイスもありません。( ´艸`)



"Sun & Clouds, Shower" とはまた随分ザックリですね。"shower"は、「にわか雨」って英和辞典には出ていると思います。日本の雨の種類の表現ってどのくらい知ってます?
「こぬか雨」、「五月雨」、「しぐれ」、「氷雨」、「霧雨」・・・。これぐらいかなと思いきや、90種類あるとか、一説には400あるとか。。。自然豊かな国の特徴でしょうが、"shower"はどの表現がぴったりなのか、これに近いものはあっても、ずばりは「無い」でしょう。雨の降り方や量が違うから。


ロングマンの定義で、"shower"を見ると、


"shower"
a short period of rain or snow
短い間の雨や雪


としか書いてありません。しかも、例文には、


"More heavy showers are forecast for tonight."  とあります。


今夜、予報ではさらに多くの"heavy showers"がある。


となっています。"shower"は短い間に降る雨だから、そうした時間の回数がさらに多くなる、ということです。"rain"さえ、東南アジアでは、"rains"と複数形で見たことがあります。スコールのような雨はとらえ方が、量より回数なのですね。


さて、昨日の宿題(「晴れ」は日中ならsunnyだけど、夜なら何て言う?)の答えですが、次の画像の中にあります。



そうです!"CLEARING OUt"です。ここでは、~ingをつけて現在分詞にしています。


"clear"は自動詞で、
if the weather, sky, mist etc clears, it becomes better and there is more sun
(天気、空、霧などがclearというと、それは、天気がよくなり、陽ざしが増えることをいう)
(例)The haze usually clears by lunchtime. いつもランチタイムまでに、霞が晴れます。 (定義、例ともにロングマン辞書より)


"clear up"となると「晴れ上がる」という日本語がいいかもしれません。


上の写真は明らかに夜なので、日光はなく、でも「空は晴れている」わけです。"sunny"はつかえませんね。太陽がないから。


"clear out"は、「空は雲ひとつない」という感じでしょうか。


華氏、摂氏は、それぞれ"Fahrenheit(ファーレンハイト)"、"Celsius(セルシアス)"との訳です。いずれもこれらのスケールを作った人の名前です。Celsiusは普通に水の氷る温度を0°、沸騰する温度を100°としてその間を100等分したものですが、Fahrenheitは、水の凝固点を32度、沸点を212度とする温度目盛りです。


換算としては、32を引いて5/9をかけるのが正しいそうです。 上の画像では、47°Fですね。これは8.3°Cくらいです。大雑把だけど、華氏の数字から30引いて2で割るという方法もあります。


マイケル・ムーア監督の「華氏119」、ご覧になりました?同氏の「華氏911」はブッシュ大統領批判として話題になりましたが、今回の作品は、ドナルド・トランプ氏が2016年に大統領選挙で勝利宣言をした、11月9日をアメリカのひとつの歴史の転換点として、様々な問題に切り込んだ作品です。MisTyの感想としては、「色々な問題を扱い過ぎていて、結局何を焦点にしたかったのか分かりにくかった」映画でした。。。 う~ん、☆3つ。それより、「ボヘミヤン・ラプソディー」に☆5つ!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。