MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

ニューヨークのロフト空間は、静かだけど何かが伝わってくる。スーパーと学校が「教育」でつながってるとは!

すごくキレイというわけではないけれど、ゴミが落ちていることはない。
人でいっぱいというわけではないけれど、ガラ~ンとしていることはない。
マイクで呼び出しされていないけれど、みんな注文したものを受け取っている。
大人がほとんどだけれど、子供の存在を感じる。
ニューヨークのど真ん中だけど、特に高級感も困窮感もない。
いごこちはいいけど、ここでゆったり長く休んでいたいとは思わない。


不思議な空間でした。。。



カウンターの上のデコレーションが目を引きます。これがアートか?と思いつつよく見ると、その数字に意味があることが分ります。


80・・・school gardens grown in New York
                 ニューヨークにあるスクールガーデンの数


91・・・salad bars made(?) by NYC schools (madeじゃないかもしれない・・・文字自体がぼやけて読めなかったです。Sorry!)


1656・・・healthy teachers trained in NYC
               ニューヨークで食について講習を受けた健康的な生活をしている先生の数



写真では見にくくてごめんなさい。左側上には、"Whole Kids Foundation"と書いてあります。"Whole"の部分は”Whole Foods"のロゴの一部になっています。ウワッ、またこれは大変もの見つけちゃったな-、って感じです。短くまとめると、ホールフーズが学校と協力して、子供たちの健康のための教育をしているということなのです。



「ホールキッズ基金」は
子供の肥満をなくすことを目標にして、子供たちの栄養と健康を考えていくことに力を注いでいる組織です。


あー、だからロフトに子供がいないのに、子供を感じるのかー!


"growing healthy kids"というサインも、「野菜を作る」---growing vegetables----と同じ動詞を使っててオシャレだ! 野菜やジョウロと一緒に子供たちの笑顔が浮かんでくる。



「ホールキッズ基金」の援助でこういったスクールガーデンができるのね。
「フィッシャー先生のクラス」だって。おいしそう!どうやって食べるのかな?



MisTyは、小学校から英語を教えるという、日本の英語教育に反対ではありませんが、他の教科を削って英語を入れることには反対です。家庭科や体育や音楽、図画などにネィティブを入れて、ぜ~んぶ英語でやっちゃえばいいと思っています。いつのまにかしゃべれるようになっちゃいますよ。本来、子供が大好きなことをやるんだから。


明日は、この"Whole Kids Foundation"をもう少し掘り下げてみたいと思います。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。