MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩いて教材として使える英語を探し、同時に異文化や社会問題を考えています。

What do you want to be when you grow up? 大きくなったら何になりたい?と聞ける大きな意味。

たまたま、昨日テレビを見ていたら、路線バスの運転手さんの数が減っているというニュースをやっていました。昔は子供に、"What do you want to be when you grow up?"「大きくなったら何になりたい?」という質問をしたら、かなり上位に「バスの運転手」が入っていたということです。こういう質問ができること自体、普通にできない国があるんですね。


これは、大人になって子供の頃の夢を実現した女性のお話しでした。


Rosine    Age  13   Democratic Republic of Congo  ロジーヌ 13歳 コンゴ共和国
Vision: future surgeon      将来の夢:外科医


“A while ago there was a woman in my neighborhood that had to have a c-section. I wanted to be able to help her and other woman like her. It was at that moment I decided I was going to become a surgeon. In this image, I look back on my journey here and remember that I once doubted and feared that I would never achieve my goals- but I grew to understand I can be who I want to be.”


「少し前、私の近所に帝王切開をしなければならなかった女性がいたのです。私は彼女や彼女のような人たちを助けたいと思いました。それがわたしが外科医になろうと思ったきっかけでした。この写真を見て、私はこれまでの道のりを振り返り、私がかなうと思わなかったこと、とてもできないだろうと思っていたこと-けれど、大きくなってなりたい自分になれるんだとわかったことを思い出します。」


次は自動車修理工になった女性の話。

Gladys Age 11 Cote D'ivoire    グラディス 11歳  コートジボワール
Vision : future mechanic     将来の夢:自動車工


“I think a mechanic’s job is really interesting because you get to understand how complex cars and trucks actually work. In Cote D’lvoire it is not often that you find a female mechanic, but I never let that prevent me from achieving my goal. Now that I am a mechanic, people from all over come to have me fix their vehicles, because they know I am the most knowledgeable. I like that I can take care of myself and help others.”


「車やトラックって動きがとても複雑なので、機械工の仕事はすごく面白いと思います。コートジボワールでは、女性の機械工なんてめったにいません。でも、私はそのことで目標をあきらめたくありませんでした。機械工になった今、私が一番よくわかってるっていってくれて、お客さんがはるばる私に車を直してくれって言って来るんです。自活しているし、他の人の面倒もみることができるので嬉しいです。」



スーパーマーケットが、こうした活動を支援しているなんて知りませんでした。



受験生応援無料サイト→ TheHours で小論文や面接の準備ができる!参考になれば嬉しいです。事実や例を挙げることで説得力が増しますよ。頑張って!






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。