MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

「マイバッグ」は使えるか?「逆英訳」でわかる。そして、"MOMO Dressing"が!

ニューヨーク、ユニオンスクェアの前のホールフーズにて。
ロフトで、マーケットで買ったランチを食べながら、英語を探す。ここでは、結構収穫があった。


「飲食の持ち込み禁止」と「アルコール禁止」は、昨日のブログを見てね。
今回の「逆英訳」は、


「お客様へ
マイバッグのご使用はご精算後にお願いいたします。それまでは、店内専用のバスケットかカートをご利用ください。」


です。書かなくてもいいです。
つぶやくだけでもいいです。


実際マイバッグを持っていない場合は、いわゆるレジ袋(a plastic bag)ではなくて、結構丈夫な紙袋に入れてくれます。たくさん買うとそれを二重にしてレジで詰めてくれます。自分ではやりません。


さて、SPOILER ALERT!!  (ネタばれ注意)なので、実際の英語を出す前に、ちょっと別の写真をご紹介。。。。


ドレッシングがずらり!上から2段目のドレッシングに"MOMO Dressing"って書いてあるんだけど。。。ひょっとして「桃ドレッシング」?確かに日本の桃は、アメリカの桃と違うけど、それをドレッシングにしてしまうのか?今度買ってきます。


下2段はシーザードレッシング。こんなに種類がある。みんな試せない。(´;ω;`)


見ているだけでも楽しい。おいしいかどうかは分からないけど。。。好みだから。


さて、そろそろ問題の英語出していいかな?
Are you ready?


これです!


これも昨日同様、たくさんある表現のひとつです。これだけが正解ではありません。


「へぇ~!」でいいです。


"ATTENTION SHOPPERS
Thank you for not shopping into your personal bags. 
Please use a basket or cart until checkout."


こういう英語に出会うと、難しい単語もないし、な~んだ、これでいいのかと思ってしまうかもしれませんが、ニューヨークで英語に出会うたびに、カッコイイって思います。反対に、ニューヨークで日本語を勉強している方に、逆に日本ではこう言いますって教えてあげたくなります。「マイバッグ」って教えたらどういう反応するかな。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。