MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩いて教材として使える英語を探し、同時に異文化や社会問題を考えています。

TVチャンネルNY1 の"SPECTRUM NEWS"でのトランプ大統領関連報道。

New Yorkでテレビをつけて感じることが色々あります。


・いわゆる「ワイドショー」的なものがない。
・「タレント」と言われる肩書きの人がいない。
・専門家以外のコメンテーターがいない。
・CMがいたってシンプルで特に凝っていない。
・歌手や俳優は、クイズ番組など他の番組やCMに出ない。
これらは、MisTyの勝手な感想なので、間違っているかもしれません。そして、あくまでNew Yorkで見たテレビ限定です。


さて、トランプ大統領関連の映像のテロップから、いくつか表現を取り上げたいと思います。


"White House correspondents' dinner kicks off with address from cartoon president Trump"
(ホワイトハウス担当記者との夕食会、漫画のトランプ大統領の演説から始まる) 


-------MisTyの語法のポイント解説-----


・複数の所有格は"s"の右肩にアポストロフィーです。
 (例)a girls' school 女子校  お昼に女の子だけでランチすれば、a girls' lunch


・"kick off" 
   =  if a meeting, event, or a football game kicks off, it starts
(ロングマンの定義より---会議やイベント、あるいはサッカーの試合が"kick off"するというのは、それが始まる、ということ。)
"kick off with ~"で「~で(から)始まる」となる。


・”address"には「住所の他に、「演説」という意味があります。


・新聞など、報道の見出しでは、過去のことでも現在形で書かれます。



”Trump threatens government shutdown if there is no funding for border wall"
(トランプ大統領、国境の壁建設に政府が資金を出さないなら、政府機能の一時停止をすると脅す)


----- MisTyの語法のポイント解説------


・学校では、普通"threaten"の意味は、他動詞の場合、「~を脅す」と教えますが、「~するぞと脅す」という使い方があります。



"Trump skips WH correspondents' dinner for the second year in a row"
(トランプ大統領、ホワイトハウス担当記者との夕食会を2年連続でスキップする)


-----MisTyの語法のポイント解説----


・WHは"White House"ですね。長くて分かりやすいものはどんどん省略されます。


・学校では、「2年連続で」は、"two years in a row"と出てくるでしょう。しかし、ここにあるように"for the second year in a row"という表現で結構出てきます。


というわけで・・・・。


トランプタワーに行きました。マンハッタン、5番街にあります。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。