MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩いて教材として使える英語を探し、同時に異文化や社会問題を考えています。

New Yorkで見たテレビのニュース画面で日本との違いを探す。テレビでしょっちゅう流れる"borough"という単語のこと。

日本のケーブルテレビでは、CNNやABC,BBCなどが英語ニュースとして知られています。英語ニュースは教材にもなっていますね。


日本と同じく「ローカルニュース」というのは、ニューヨークにもあります。
New York 1 は、その代表的なもので、ニューヨークのニュースを扱っています。天気予報や、交通情報はかなり頻繁です。そして、同じ内容のニュースが何回も流れます。


キャスターは様々ですが、女性が一人という場合が結構あります。そして彼女たちの服装が結構カジュアル。



テロップは、流しているニュースの見出しのように簡潔で一目で内容が分かるものです。
ここでは、「クイーンズ地区で、9歳の子供が車にひかれて死亡しました。」となっています。
"9-year-old"は普通、学校では形容詞と教えています。"a 9-year-old boy"のように使います。正誤問題だと"year"の部分を"years"にして、間違っている箇所として出します。単数の単語をハイフンでつなげて形容詞をつくる用法です。


受動態の見出しでは、be動詞はよく省略されます。””killed by"だけで、受動態であることがわかるからです。野球用語の「ヒットエンドラン」は”hit and run"で、本来は「ひき逃げする/される」という意味です。hitもrunも原形と過去分詞形が同じなので、前にbe動詞があるかどうかで、能動態か受動態かがわかります。


ついでながら、ニューヨークの5つの地区が写ったので、載せておきますね。



ニューヨーク市は5つに分かれていますが、最も有名なのは「マンハッタン」で最近は「ブルックリン」が人気と言われていますね。これら5つの地区は "the five boroughs"という英語が使われています。"district"も聞きますが、”Manhattan district"のように使われ、”Manhattan borough"って聞いたことがない気がします。そのまま”Manhattan"という場合が一番多いと思います。そして、名前をつけない「地区」をいうときに"borough"を使っていることが多いと思います。もちろん、用法についての決まりがあるわけではないので、ただ、用法の頻度だけの印象です。


一応"borough"の定義をロングマンから。(例も)
"borough"
a town, or part of a large city, that is responsible for managing its own schools, hospitals, roads etc
(街、または大きい市の一部で、その地区自体が学校、病院、道などを有して運営責任を担っている。)
the borough of Queens in New York City  ニューヨークのクイーンズ地区


やはり"Queens borough"とは書いてありません。


それから、


日本では、ワイドショーの芸能人しかこういう服装はしないだろうなと思う女性が担当している場合もあります。




もう少しありますが、今日はこのくらいにして、次はトランプ大統領関連のニュースのテレビ画像から、思わぬ発見をお届けします。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。