MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

「マカロニチーズを食べてはいけない9つのワケ」という記事がオシャレ。前編

次の記事は"delish"というレシピ紹介サイトに載っていたものです。一方的にマカロニチーズを悪者にしないユーモラスな語り口にとても共感したので、ご紹介しますね。話しかけるような英文の書き方がステキです。



9 Reasons You Should Never Eat Mac and Cheese
マカロニチーズを食べてはいけない9つのワケ


By Rheanna O'Neil Bellomo


Mac and cheese is the worst and I hate it. But to be quite honest, I wish I liked it. I really do. My life would be so much easier: I could join in on the cheapest dish on the menu at every restaurant, I'd make it myself when I'm feeling lazy after a long day at work, and I would stop taking so much shit from everyone I meet who finds out I despise the stuff.
I mean seriously, don't you think I want to have that Leslie Knope moment where she's thrilled about Ben making mac and cheese pizza? Of course I do. But I know it'll never happen. Because macaroni and cheese is always going to suck. And I'm here to tell you why. 


マカロニチーズなんてサイアク、大嫌い。でも率直なところ好きならいいのになあって思う。ホント。自分の生活がずーっと楽になるだろうなーと思う。どのレストランでも一番安いメニューで済ませることができる。仕事で超忙しくて今日は手抜きしたいなーって思ったらマカロニチーズならぱぱっとできちゃう。私がマカロニチーズ嫌いだって知って、じゃ、もらうねーってごっそり横取りされちゃうのを阻止することができる。マジ、ドラマの主人公のレスリーが夫のベンにマカロニチーズピザ作ってもらってキャーありがとう!って大喜びするようなあの感じを味わってみたいんだけど・・・。いや、ホントにそうおもってるの。でも実際はありえないなー。だって、マカロニチーズってどう考えたってクソじゃん。これからそのワケ書くから。


1. Cheese + pasta isn't the problem.
First of all, let me make one thing clear: Cheese is heaven-sent. And pasta must have also been gifted from angels, but putting the two together—and watering it down with butter, cream, and whatever else—into one soppy, bland mess is a sad excuse for a meal.


1. チーズとパスタの組み合わせが悪いんじゃあない。
まず、はっきりさせとくね。チーズの香りは神ってるほど。パスタは天使の贈り物だったに違いない。でもね、この2つを合わせる?バターやクリーム、ま、他の物何であってもだけど、水を入れて混ぜるワケよね。びちゃびちゃになるじゃん。悲しいけど食べ物としては残念なぐちゃぐちゃフードなワケ。


2. It's all one boring flavor. 
Oh, did you want some variety in taste and texture with your spoonful of gooey mac? Too bad. The entire dish is just super mild cheese that's watered down even more and melted on top of plain elbow pasta. Yawn. 


2. ずーっと同じ味
ねえ、色んな味や歯触りが欲しくない?ネバネバマカロニをスプーンで口に運ぶだけなんだよねー。曲がった短いチューブパスタに、水浸しで溶けちゃったチョー柔らかいチーズだけっていう味が延々と続くんだよー。あくびものだわよ。


3. It will make you overdose on cheese.
I'm obsessed with cheese. I put it on as many things as possible and I eat even the sharpest types by the slice or chunk. But hand me a plate of macaroni and cheese that doesn't have much else to offer besides carbs and after just a couple bites I'll start to gag. It's just too much of a single good thing.


3, チーズのとりすぎになる
チーズ自体は大好きなワケですよ。何にでものせちゃうし、チョーくせのあるものだって、スライスしたり塊で食べちゃったりするし。でも、炭水化物以外他の物がほとんどなくて、マンマのマカロニチーズを渡されたら・・・何度か口に運んで、ウッ!ってなるのよ。いくらいいものでもそればっかで多すぎるとさねー。


4. The macaroni gets mushy.
I don't care where the stuff comes from: No matter who mixes it all together and puts it in the oven, macaroni and cheese will always get mealy. Even if it's not overly mushy, then the pasta and the cheese are dry AF. Either way, that just makes me wanna vom. 


4.マカロニがドロドロ
マカロニチーズは誰が作ろうが関係なし。つまり、誰が材料を混ぜようが、だれがオーブンに入れようが、マカロニチーズは確実にそのうちパサパサになる。たとえドロドロし過ぎてなくてもチーズは乾いてAFでしょ。(注:AF= as fuck)  どっちにしても、オェッもの。


ーーーMisTyのひと言------


気づいた?MisTyがWritingの際してはいけないと言ってることやってるよね。
Andで始まってる。
Butで始まってる。
Becauseで始めてピリオドで止めてる。
これは、前にも書いたけど、あくまで会話的で相手に話しかけるように書いてるから。
"AF"なんてSNSの略語を使ったりね。
だから、そんな感じで訳したから、いわゆる「学校文法に基づいた訳」にこだわると、違うんじゃないと思うかも。訳すときに気をつけることは、書いた人の気持ちになることだと思うんだ。それと内容。日本語はすごいから、訳しかたによって、すごく感じが変わってくる。ま、そこが楽しいとこなんだけど。。。



訳すことで、英語の世界で自分と違った自分になれる。コスプレみたいなものだと思ってる。


記事後半は明日ね!


Englishラボで英語のコスプレを楽しもう。→MisTy







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。