MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

ブルックリンのTargetという大型スーパーの棚がすごい。まずは"M&M's"から。

”Target"(ターゲット)というのは、いわゆる大型スーパーです。MisTyは昨日のブログに書いた理由で、たまたまアトランティックアヴェニューの地下鉄のホームに行きたくて、ついでに地上に上がって見つけたのですが、結局そこでお土産を買うという結果になりました。


なぜか。。。ローカル色が強くて、いわゆるマンハッタンでよくある「ニューヨーク土産」感覚がないこと。それと安いこと!


日本のコストコよりフロアは広いと思います。通路も広々。それに何でも売ってる。


入り口がステキだと思います。スーパー感がなくて周りに溶け込んでいます。二重の赤丸マークはイマイチだと思うけど。ま、"Target" (的)だからしょうがないのかな。


カジュアルウェアだって。
日本と変わらない品揃えだけど、買いそうになる。。。

爆買したのがこれ。



種類によってグラムが異なりますが、8oz(オンス)~10oz(226g~286g)で、$3.09(約336円)でした。New Yorkの板チョコ(chocolate bar)は総じて高いです。スーパーでも700円以上します。日本人の口に合わないスパイシーなものもありますから、かえってよく知られているm&m'sの日本では入手困難バージョンを買った方がいいかな、と思いました。(正解だったようです。。。)


では、英語に注目しますね。


1.  m&mではなく、”m&m's"エムアンドエムズ、と「アポストロフィーS」がついています。ということは、MacDonald'sと同様、人の名前でしょう。それも二人。


2. ジッパー付き→ Resealable Zipper


3. 徳用袋あるいはパーティーサイズ→ Sharing Size 


3. 青い袋は→ Pretzel  crunchy, Salty, Sweet     Chocolate Candies
   
4. 茶色の袋は→ Coffee Nut   New Look!


5. 紫の袋は→ Dark Chocolate 


6. 紺色の袋→ New!  Caramel


7. 緑の袋は→  Mint    Dark Chocolate   New Look!


8. 黄色の袋は→ Peanuts   Fun Size


9. ひと袋$3.09で、その横の数字6.18などは1ポンドにつき、の値段です。


写真には写っていませんが、赤い袋はミルクチョコレートです。



やっぱりM&M’sの名前の由来が気になり、調べました。発見の連続でした。
次回書きます。。。



MisTy's Englishラボでアメリカの歴史も知ることができます。 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。