MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

ブルックリンで「Hagoromo」が売られてるのかと思った缶詰。それどころではない驚きの発見が!150年の歴史を50秒にまとめた動画に映っているのは・・・。


昨日は、ベストフーズ(ヘルマンズ)のロゴの青いリボンでしたが、同じく、ニューヨーク、ブルックリンの大型スーパー、"Target(ターゲット)"で見つけたこの缶詰を見て、一瞬「ん?Hagoromo?」と思ったのはMisTyだけでしょうか。。。(アメリカ人が思うはずないけど。。。)


だってこれですよ。



実際はもちろん違うけど、


青いリボンである
斜めのレイアウトである
ローマ字である
"g","r", が入っている
"o"で終わっている


これだけ共通点があるんです。(^_^)


「ハゴロモフーズ」の製品を愛用していて、毎日ロゴを見ているわけではないのに、頭のどこかにイメージとして記憶されている。。。人間の脳とはすごいものだ。。。。MisTyがスキャンダルにとりつかれてるだけか。。。Am I tied up with a blue ribbon?。


さて、実際何と書いてあったのかというと、"PROGRESSO"です。

"Processed"じゃない
"Espresso"じゃない
”Progressed"じゃない


”PROGRESSO"---「プログレッソ」


"PROGRESSO"は、日本のスーパーでは見たことがありません。プログレソ"Progreso"という地名はあるけど、Sはひとつ。


会社名?確かにホームページはありますが、会社説明はなし。
ブランド名、のようです。


缶の後ろの一番下に次のようにあります。


"Distributed by General Mills Sales Inc.
Mineapolis, MN 55440 US”


"Distributed by " (販売)であって、”Manufactured by"(製造)ではないのね。


Millsには「アポストロフィーS」はついていません。


そして、驚きの発見は!ゼネラル・ミルズは・・・・、


ハーゲンダッツの販売会社です!


チェリオスの販売会社です!




ヨープレイの販売会社です!(昔はヨープレイトだったけど、今は「ト」はない。)




他にも下のようなブランドを手がけています。
実際には、
"More than 100 brands. In more than 100 countries. On six continents." (6大陸で100か国以上で100を越えるブランドを持っている、と言っています。)


きっと、これもなの?と思われるものがあるに違いありません。


ゼネラル・ミルズの、ロゴはこれです。(ゼネラルフーズとは違う。。。)

ホームページはこちら。
https://www.generalmills.com/en/Company/Overview


KARDIによく行かれる方は、これもご覧になったことがあるでしょう。



150年の歴史を50秒にまとめたビデオがこれ。
こういうの、好きです!
一瞬とんがりコーンが出てくるから見逃さないでね!(ハウス食品と提携している。)



150 years of General Mills


もう歴史を読むの、やめた。。。長すぎ。
ここにあります。


次回General Millsのブランドのひとつ"Progresso"の缶詰の種類をご紹介します。。。



驚きの発見があるから、英語から離れられない。。。
→ Englishラボでご一緒に!









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。