MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

ニューヨーク、バウリー地区の"B"だった。約50年の歴史があった"BRC"。

"BRC"は何の略語なのかを知りたくて調べるけど、辞書を引いてもそれらしいものは載っておらず、Wikiでは20以上出てきたけど、次のようなもの。。。


“Bioinformations Resource Centers”
“Black Radical Congress”
Bulgarian Red Cross”
“British Rallly Chempionship”


チガ~ウ!


ホームページから検索で"history"を入れて、やっと出てきました。こちらです。


For nearly 50 years, BRC has worked to break the cycle of homelessness in New York City. We help people reclaim lives lost, restoring hope and dignity by offering opportunities for health and self-sufficiency.


"BRC"はニューヨークのホームレスの状態を断ち切るべく、約50年活動してきました。我々は、健康と自力で生活できる機会を得る機会を提供して、希望と尊厳を取り戻しながら失われた生活を再建しようとする人々を支援しています。


Our Origin    始まり
New York City's Bowery neighborhood once was a place where people went to hide from their problems, finding refuge in makeshift shelters and flophouses that offered little more than four-foot by six-foot cubicles with chicken wire roofs, dingy mattresses, and a single bare lightbulb. 


ニューヨークのバウリー地区は、ホームレスの人たちが自分たちの問題から逃れて、一時しのぎの場所や簡易宿泊所を見つけて隠れ住んだ場所でした。その一部屋は、わずか4×6フィート(約1.2×1.8m)で、鶏舎用の金網の屋根、ボロボロのマットレス、たった一個の裸電球がついたものでした。


The men on the Bowery - New York's "Skid Row" - were mostly down and out alcoholics, sick, homeless, and without hope; most, but not all.
In 1971, a handful of these Bowery residents began to take control of their lives, and change them for the better.


そんなニューヨークの「スキッドロウ」(貧民地区)、バウリーの人たちは、ほとんどが疲れ果て、アルコールに逃げ、病気で路上生活者。希望はありませんでした。ほとんどの人が。。。でも誰もがそうであったわけではありませんでした。1971年には、多くのこうしたバウリー住人は自分の生活を見直し、より良い方向へ転換し始めました。


Soon, others followed. They created a place where sober men could escape despair and support one another. That year, they created a self-help day program based on the principles of Alcoholics Anonymous; they called it "The Social Rehabilitation Club for Public Inebriates," which they later named The Bowery Residents' Committee, or BRC as we know it today.


しばらくして、他から人がやってきました。その人達は、酒におぼれることのない人が絶望の縁から立ち上がり、お互いに支え合うことができる場所を造りました。その年、彼らは"Alcoholics Anonymous"(匿名アルコール依存者の会)の指針を基に自助努力プログラムを作りました。それは、”The Social Rehabiliation Club for Public Inebriates"(アルコール依存を断って社会的に立ち直る会)というもので、後、”The Bowery Residents' Committee"(バウリー居住者の会)つまり"BRC"と呼ばれるようになりました。そして現在に至っています。


In 1976, they created BRC's first residential program, the Sobering-Up Station, a place that offered professional support, and community action to those in need. BRC became a center of dignity and self-respect. It offered a place where participants were no longer seen as Bowery Bums. 


1976年、彼らはBRCの最初のプログラムである、"the Sobering-Up Station"(酔いをさまして立ち上がる場所)を立ち上げました。そして、そこで困っている人たちに専門家の支援や地域活動を始めました。そのプログラムで参加者はもはや「バウリーのだめなやつ」と呼ばれなくなりました。


Over the years, some of BRC's facilities were named after those original founders - Fred Cooper, Clyde Burton, and Jack Ryan. BRC’s services extended beyond substance abuse treatment: to transit outreach, temporary housing, workforce development, long-term housing, and more.


時を経て、BRCの施設には創設時尽力した人たちの名前がついています。例えば「フレッド・クーパー、クライド・バートン、ジャック・ライアン」です。BRCの活動は中毒治療を越えて、例えば地下鉄での声かけ、仮設住宅、雇用展開、長期居住住宅などに広がりました。


下記のページの引用になります。



今はこんな感じらしいです。(Wikipediaより)


今度行ってみます。


知らなかったことが次々出てきてとまらない。。。
Englishラボ&アソシエイツのみなさま、ご協力有難うございます。
MisTy's Englishラボ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。