MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

ニューヨーク、ブロンクスにパイロットプログラムでアパートを建てた!資金はどこから?すごい融資があった!

Homestretch Housing | BRC 


にアクセスしてみました。


BRCによる新しいパイロットプログラムがニューヨークのブロンクスにオープンしたそうです。


New Yorkのブロンクスにあるランディングロードに建てられた低所得者のためのアパートです。地味だけど、ソーラーパネルがついていてモなかなかしっかりした建物ですね。いくらマンハッタン郊外とはいえ、ニューヨークにこれだけのものを非営利団体が建てられるのでしょうか?



Reaching New Heights Residence and Apartments at Landing Road in Bronx, NY


関連記事から一部抜粋します。


AFFORDABLE HOUSING FINANCEのページからです。
原文はこちら。
https://www.housingfinance.com/developments/nyc-development-combines-shelter-and-housing_o


Landing Road Residence is the first project under the city’s HomeStretch program.
By Donna Kimura 


(前略)


A number of BRC clients were doing all the right things, getting jobs and saving money. However, their jobs didn’t pay a lot of money, so their housing situation was unstable, explains Muzzy Rosenblatt, executive director.


BRCの最高責任者であるマジー・ローゼンブラット(Muzzy Rosenblatt)は、BRCの支援を必要としていた多くの人の選択は正しかった。職を得、貯金をしたのだ。しかし、充分なお金は得られなかった。だから住居が安定していなかった、と言う。


That led Rosenblatt and his colleagues at BRC to begin thinking about ways to create affordable housing for its many clients. The organization provides housing and services to more than 10,000 men and women a year.


そこで、ローゼンブラットとBRCの職員が働きかけて、多くの支援を要請している人のために低家賃住宅を建てる方法を考え始めた。


At the same time, BRC leaders recognized a second challenge involving its shelters. Many are located in leased properties, with the nonprofit paying rent to the property owners. BRC leaders began thinking about opportunities for the organization to own more assets for itself.


同時にBRCは、再びシェルターを含む何題にぶつかった。多くのシェルターがリース地に建てられていて、家賃から土地所有者には利益が回ってこない形になっている。BRCはこの際BRCの組織自体がもっと資産を所有するのがいいのではないかと考え始めた。


Landing Road addresses both problems. The city funding that BRC will receive for operating the shelter will help underwrite the costs of the affordable housing, according to Rosenblatt.


ローゼンブラットによると、"Landing Road"プロジェクトは2つの問題に取り組んでいる。市はBRCがシェルターの運営を請け負うことに資金を提供しており、さらに低価格住宅の費用負担を支援することになる。


“Necessity being the mother of invention,” he says.


「必要は発明の母です。」と彼は言う。


The Landing Road Shelter will provide transitional housing to single adults who have been determined to be employed or employable by the New York City Department of Homeless Services (DHS). The shelter receives financial support to house its residents from a contract provided by DHS. 


2The Landin g Road Shelter"プロジェクトが働く意欲のある、またはニューヨークホームレスサービス局(DHS)で雇用できる、独身の成人にたいして暫定的な住居を提供する。


The permanent housing portion will consist of 111 studio units for formerly homeless single adults earning at or below 35% of the area median income (AMI), and seven one-bedroom and 17 two-bedroom units for families earning 60% AMI or less. 


永住用住宅は2種類からなる。1つは、ワンルームで111件。これは独身で元ホームレスだった成人で、収入が"the area median income--AMI---"(地域の中位の収入)の35%以下の人向き。もう一つは、部屋が2つあるもので17件。これはAMIの60%かそれ以下の収入の世帯向けだ。


The apartments will be within the financial reach of those exiting the shelter system, with affordable rent levels that will allow individuals earning as little as $10 an hour to pay only one-third of their monthly income toward rent, according to city officials.


アパートはシェルターから出て、アパートに移っても金銭的に生活できる範囲内に設定する。一人の収入が時給10ドルしかない人でも、月給の3分の1を家賃の支払いに充てればすむレベルだ。


On-site social services will be provided by BRC. Funding for the services will be funded through the reinvestment of on-site shelter lease payments and private fundraising. In addition, off-site services will be made available through BRC’s own mental health and substance-abuse centers and several partner organizations.


施設内のサ-ビスはBRCが行う。サービスにかかる資金は、シェルター施設内リースペイメンツが再投資行うことと、民間の慈善資金でまかなう。加えて、施設外のサービスもBRCの所有するメンタルヘルスや中毒センター、提携している団体を通して受けられる。


BRC will maintain an office on site and will provide support services for residents living in the shelter and the apartment building.


BRCは施設内でオフィスのメンテナンスを行ったり、シェルターやアパートに住んでいる人に支援サービスを提供する。


The total development cost for Landing Road Residence is approximately $62.8 million. Bank of America Merrill Lynch is a major funder, providing a $39.7 million credit facility to finance the project. 


"Landing Road Residence"プロジェクトにかかるコストは約6,280万ドル(約68億円)だ。バンクオブアメリカメルリンチが主に資金提供する。このプロジェクトに3,970万ドル(約43億円)信用供与してくれる。



 Additional financing included:


さらに次のような資金提供もある。


· Bank of America and Capital One with a $22 million letter of credit for construction of the permanent housing and a construction loan of $16 million for the shelter; 


バンクオブアメリカとキャピタルワンから
2,200万ドル(約24億円)の信用状
永住用住居建設費用として
1,600万ドル(約17億円)の融資
シェルター建設費用として


The total development cost for Landing Road Residence is approximately $62.8 million. 


"Landing Road Residence"プロジェクトのトータルコストは約6,2800万ドル。


Bank of America Merrill Lynch is a major funder, providing a $39.7 million credit facility to finance the project.


バンクオブアメリカメルリンチから、プロジェクトにたいして3,970万ドル(約43億円)の信用供与。


Additional financing included:    


さらに、


· Bank of America and Capital One with a $22 million letter of credit for construction of the permanent housing and a construction loan of $16 million for the shelter; 


バンクオブアメリカとキャピタルワンから
2,200万ドル(約24億円)の信用状
永住用住居建設費用として
1,600万ドル(約17億円)の融資
シェルター建設費用として


· New York City Housing Development Corp. bond financing of $22 million for the permanent housing component of the project;


ニューヨーク市住宅協会から債務保証契約金2,200万ドル
永住用住宅建設費用として


· Trinity Wall Street loan of $1 million to the project;
トリニティー・ウォールストリートから100万ドル(約1億円)融資
プロジェクトに対して


· The New York City PRI Fund and the Contact Fund with an additional $1 million loan;
ニューヨーク市PRIファンドとコンタクトファンドから
100万ドル(約1億円)の追加融資


· The New York City Housing Preservation and Development’s Supportive Housing Loan program funding of $2.7 million and $5.6 million; 
ニューヨーク市住宅保存プログラム、及びハウジングローンサポートプログラムから
それぞれ270万ドル(約3億円)と560万ドル(約6億円)


· Low-income housing tax credit equity of $18 million syndicated by Red Stone Equity Partners;
レッドストーンエクィティーパートナーズから
低所得住宅向けに1,800億ドル(約20億円)の税額控除


· A $685,000 grant from Chase for project management and to create energy efficiency through the use of solar power; and
チェイスから
68万5,000ドル(約7,500万円)の助成金
プロジェクト運営金、ソーラーパワーを使ったエネルギー節約システム施工金として


· Long-term financing of $18 million from Community Preservation Corp. for the shelter. 
コミュニティー保存協会より1,800万ドルの長期融資
シェルター建設にたいして


The property was purchased through acquisition and predevelopment loans from the New York City Acquisition Fund ($5.1 million) and the Corporation for Supportive Housing ($500,000). Additional predevelopment funding was received from Deutsche Bank through a loan of $255,000 and a grant of $120,000.


地所はニューヨーク市アクィジション(買収)ファンドと、住宅支援協会からそれぞれ、5,100万ドル(約55億円)、50万ドル(約5,400万円)のローンで購入された。その他、開発前資金に対してドイツ銀行から25万5,000ドルの融資と12万ドルの供与があった。



自由の女神のブログで、リバティーアイランドに建設中の新博物館でも多額の資金のことを書きましたがこれもすごいわ。。。


経済大国と言われた日本ですが、現在これだけ融資してくれるところがあるのか、またそれに価するプロジェクトがあるのか?考えてしまう。。。




英語を読んで日本を振り返る。Englishラボでならそういうこともできます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。