MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

2つ目の記事です。今だったらワイドショーを連日騒がせるスキャンダルだ!

2つ目のOMGFactの記事です。
(初めてお読みいただいている方は、まず、こちら↓をごらんください。)
かわいいキャラクターの"m&m's"に隠された謎!2人目の”M"はどこに? - MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語



The Scandalous Story Behind M&Ms’ Name 
K. Thor Jensen, 2 years ago


M&Ms の名前に影にスキャンダラスなストーリー


You’ve seen “Willy Wonka,” right? If so, you’ll remember not only the candy factory’s unpredictable impresario but also his nemesis — the sneaky, spying Slugworth. You may have wondered, is the world of candy manufacturing really that cutthroat?


「ウィリーワンカ」って知ってますよね?知っていれば、チョコレート工場の奇想天外な工場長ばかりでなく彼の敵であるずるがしこいスラッグワースのことを思い出すでしょう。チョコレート菓子の製造って本当にそんなに冷酷なものなの?って思ったかもしれません。


Actually, it’s worse. There might not be a real Wonka, but there was a real Slugworth, and his name was Forrest Mars.
Forrest was the son of Frank C. Mars, the founder of Mars Incorporated. As a small child with polio, Frank learned to dip chocolate from his mother, and when he became an adult he spun that talent into a thriving business. When he died in 1934, that business passed on to Forrest.


実は、もっとすごいんですよ。本物のワンカは存在しないかもしれませんが、本物のスラッグワースはいました。彼の名前はフォレスト・マーズ。
フォレストはフランク・C・マーズ、「マーズ--Mars」の創始者の息子です。幼少時にポリオにかかったとき、母親からチョコレートディップを習い、大人になると彼はその才能をビジネスに注ぎました。1934年に亡くなったとき、そのビジネスはフォレストへ引き継がれました。


Father and son weren’t on the best of terms when the two were alive, though. Forrest rarely saw his dad after his parents divorced, and instead of being given a position in the company, he was sent overseas and told to start his own business.


父と息子は、存命中仲が良くありませんでした。フォレストは両親の離婚後ほとんど父親に会うことはありませんでした。会社にポジションを与えられず、海外に行かされてビジネスを始めるよう言われました。 


When he returned to the fold, he was ready to upend his Dad’s legacy and make Mars into the dominant force in American candy. Forrest brought a pathological obsession with quality control to Mars. When he spotted a mis-wrapped candy bar in a store, he furiously returned to the production plant and spent an afternoon throwing product against a glass window in front of horrified executives.


会社に戻ったときには、フォレストは父親とは別の道を行って、マーズがアメリカのチョコレート菓子業界でトップ層に入る地盤を造りました。フォレストはマーズの製品品質に対して、病的なほどこだわりを見せました。店でちょっとでも包み紙の巻き方が悪いものを見つけると、激怒して工場に戻り、その日の午後は、恐れおののく会社の上層部の目の前で、製品をガラス窓に向かって投げつけました。


Even now, Mars disposes of millions of M&Ms every day because they aren’t up to standards. But we’re getting ahead of ourselves here.


今でもマーズは毎日何百万というM&M’sを捨てています。規格外だからです。まだ先があります。


Let’s meet the other player in our tale: Bruce Murrie. Also a second-generation candy man, Bruce was the son of William Murrie, the president of Hershey’s from 1908 to 1947. Like Forrest Mars, Bruce didn’t agree with how his father was running the company. Hershey had long been risk-averse, content with pumping out Kisses and bars without innovating. Bruce wanted to push the medium of candy forward, so he went looking outside of Hershey for an unlikely partner.


さあ、ここでもう一人の主人公、ブルース・マリーをご紹介します。二代目キャンディーマンです。ブルースは908年から1947年までハーシーズの社長であった、ウィリアム・マリーの息子です。フォレスト・マーズ同様、父親とは会社の経営をめぐって対立していました。ハーシーは長い間経営の危機にありました。キスチョコと板チョコを世に出したことに満足して改良をしてきませんでした。ブルースは会社をそこそこ状態から一歩前へ進めたかったのです。そこで彼はハーシーの外でパートナーを探していました。そのパートナーは予想もつかないようは人でした。


During the Spanish Civil War, Forrest Mars had seen soldiers eating an unusual chocolate candy of pill-sized nuggets encased in a hard panned sugar shell. More portable than a standard candy bar and heat-resistant in an era before mass refrigeration, they were just waiting to meet the American market.


スペイン内戦の最中、フォレスト・マーズは見たことのないチョコレート菓子を軍人が食べているのを見ました。それはケースに入っていて、丸い塊で、周りは砂糖で堅くコーティングされていました。普通のチョコバーより携帯に便利で、冷蔵庫がまだ広く普及していない時代にあって暑さ1に強い。これはアメリカ市場ですぐに売れると思ったのです。


But Mars needed access to more chocolate to do it. And Hershey had it, because they weren’t subject to rationing. So Bruce made a deal to supply Mars with the resources to make the new candy in exchange for 20% of the partnership. The two men called their new company “Mars & Murrie.”
M&M for short.


しかしマーズはアメリカで売り出すには、もっとたくさんチョコレートを手に入れなければなりませんでした。チョコレートと言えばハーシーでした。ハーシーチョコレートは配給の対象ではありませんでした。そこでブルースは、新しいチョコレート菓子を作ために、パートナーシップの20%をもらうという約束で、マーズにチョコレートを提供することにしました。「マーズとマリー」という新しい会社の誕生です。略して、「M&M」。



After production began, M&M cut a deal to sell them exclusively to the US Armed Forces so soldiers could have sweets in their rations no matter where they were in the world. By the time GIs returned home, they were addicted to them. By 1956, they were the country’s best-selling candy.


製品製造を始めてから、M&Mはアメリカ軍と独占契約を結び、アメリカ兵士が世界中どこにいても甘いものを口にできるようになりました。兵士はみんな帰国するときにはすでにM&Mが止められなくなっていました。1956年にはM&Mはアメリカで一番売れているチョコとなったのです。


None of that mattered to Bruce Murrie, though. Forrest Mars leveraged him out of his 20% share in 1949 and became the only M in M&M. Forrest was a terror to work with, upbraiding Bruce Murrie at every turn. He would personally blame Bruce for low sales and publicly humiliate him in front of the employees, and after a few years Bruce had had enough.
しかし、ブルース・マリーにとってそんなことはどうでもよかったのです。フォレスト・マーズは1949年にブルースの持っている20%を取り上げ、M&Mから名前を抜きました。事実上”M”は一つとなってしまいました。フォレストは何かにつけてブルース・マリーを非難しました。ブル-スにとってフォレストはパートナーとして恐怖を感じる存在となっていきました。フォレストは売り上げが低いとブルース個人のせいにし、従業員の目の前で彼に恥をかかせました。そんな状態が数年続き、ブルースはもはや我慢の限界でした。


Forrest paid a paltry $1 million for Bruce’s share of a business that was doing a billion dollars in sales a year. He then folded M&M back into the main Mars corporate umbrella.


フォレストは1年で10億ドル売り上げていたブルースの株をわずか100万ドルのみを払っただけで手に入れたのです。こうしてフォレストはM&Mを「マーズ」帝国の傘下に入れたのでした。


Unfortunately for Bruce Murrie, his extracurricular activities had made him persona non grata at Hershey, who weren’t happy about Mars’ growing market share.


気の毒なことに、ブルース・マリーは(M&Mにいたばっかりに)ハーシーでもペルソナノングラータ(浮気者)になってしまっていました。ハーシーはマーズの市場での好調ぶりを面白くなく思っていましたし。


Even with his father as a former President, Bruce couldn’t get back in the door. Giving Mars a leg up in the industry was seen as an unforgivable act of treason. As Forrest’s company thrived, Bruce Murrie was never heard from again.


ハーシーの前社長の実の父親とも折り合いが悪かったので、ブルースはハーシーに戻ることもできなかったのです。ハーシーにとって競合のマーズに肩入れしたことが、ひどい裏切り行為だったと見られていました。フォレストの会社は繁栄し続けましたが、ブルース・マリーの話は全く聞かれなくなりました。


Forrest Mars retired in 1973, passing the business on to his children. To this day, the Mars family — and the Mars company — still marches to the beat of his drum.


フォレスト・マーズは1973年に引退し、ビジネスは子供たちに引き継がれました。今日まで、マーズ家、そしてその会社は、大手を振って歩いています。



All employees sign oaths of secrecy, nobody has their own office, and the company carries no debt. Rumor has it the Mars heirs are forbidden from ever selling any portion of their ownership in the company. Mars now produces 400 million M&Ms each and every day, each one bearing the initial of the man who made them possible, or the man who ruined his life.


従業員は全員秘密を口外しないと誓約書にサインします。だれにも自分の部屋を与えられず、会社は無借金経営です。うわさでは、マーズの相続人は会社の所有権の一部でも売ることを堅く禁じられています。マーズは現在毎日4億個のM&Mを製造しています。表面に印刷されている”m”は、それを可能にした男とどん底の人生を送った二人の男のイニシャルを背負っているのです。 



ーーーMisTyのひと言------


昔のワイドショーネタに振り回されるのはバカバカしいと思いつつ、きっと"m&m's"を見る度に、ブルースの悲しげな目を思い出すだろうなー。と思います。。。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。