MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

昨日の一つ目の記事。「ぶるーすぅ・・・。君を忘れない。。。」

日本昔話の「したきりすずめ」や「つるの恩返し」のように、欲張ったり、裏切ったりしたら、それが結局自分の不幸に降りかかってくるというのは、現実ではそうならないこともあるのか。。。Bruce Murrieはどういう人生の終わり方をしたのだろう。。。?(わかったらブログに書くね。)


さて、MisTy一方的に勝手にお約束した訳を載せます。ほのめかしてる感じから、スキャンダラスな香りが漂う。。。



The History Of M&M’s Isn’t As Sweet As You Think It Is
By Katie Serena
Published December 21, 2017


“They melt in your mouth, not in your hand!”
Anyone who considers themselves any kind of candy connoisseur has heard the phrase before, and most likely indulged in the candy it’s describing. 


「お口でとけて、手でとけない!」
これは、チョコのことをよく知っていると自賛している人ならだれでも一度は聞いたことがあるフレーズです。そして間違いなくフレーズ通りにそのチョコにとろけました。


Since being released to the masses in the 1940s, M&M’s have been a staple of the candy lovers diet. But, have you ever wondered where the name came from?
Most people believe that the famous M on the candy shell stands for Mars Incorporated, the company that produces M&M’s. 


1940年代に売り出されて以来、M&M’sはチョコ好きが一番よく食べるチョコです。でも、その名前の由来を不思議に思ったことがありますか?
ほとんどの人は、チョコの表面に付いている有名なmの文字はマーズという、M&M’sを造った会社の名前だと思っています。


But, that’s just half the story. The truth is, there were once two famous candy makers, both of whom had the initial M, who were responsible for the production of the beloved candy, and whose story ended in a twisted, Willy Wonka-Slugworth-esque scenario.


しかし、それは歴史の半分だけにすぎません。真実は、かつてチョコを作った有名な人が二人いて、彼らの名前はMで始まっていたということ、そして彼らの歴史は複雑に絡み合ったものだったということです。まるでウィリーワンカとスラッグワースのシナリオです。


In 1911, Frank C. Mars founded Mars Incorporated, a small confectionary business in the town of Newark, N.J. 
it came time for Frank to retire, he groomed his son to take his place, provided he spend some time overseas to learn how to start his own business.


When 1911年、フランク・C・マーズはニュージャージーのニューアークで「マーズ」という小さなお菓子の会社を立ち上げました。
フランクが引退する時がきて、折を見てビジネスを始める方法を海外で学ぶという条件で、息子に後を継がせようとしました。


While abroad, Forrest Mars Sr. noticed British soldiers eating small, pill-sized candies called Smarties, made of a chocolate center and a hard candy shell. He was shocked to see that the candies held up in the summer heat, and that they were small and easy to transport.


息子のフォレスト・マーズは海外に行って、イギリスの軍人たちがスマーティーという小さな、丸いチョコをたべているのに気づきました。それはチョコが中にはいっていて、その周りをキャンディーで包んだものでした。夏の暑さの中でも溶けず、小さくて持ち運びにも便利なそのチョコに彼は衝撃を覚えました。


Armed with his new knowledge – appropriated from British company H.I. Rowntree & Company – he moved back to the states to claim his spot in his father’s company. He secured a patent for the production of the chocolates, and, unhappy with the way his father was running the company, began to seek out a partner for his new and improved candy plan.


新しい知識を武器に、(資金はイギリスのH.I.ロウントリー&カンパニーから得ました。)アメリカに帰り、父親の会社で自分の働き場所をもらいました。チョコレート製造の特許は自分のものになったのですが、父親の経営方針が嫌で、新しいパートナーを探して、新しいチョコを製造しようと計画していました。


Which brings us to the second M in M&M, Bruce Murrie.
Like Forrest Mars, Bruce Murrie was the son of a candy magnate – William Murrie, the president of Hershey’s. 
And like Forrest Mars, he didn’t agree with the way his father was running his company, so he was looking for someone to team up with to change the industry.


こうしたとき、M&Mの2番目の”M”であるブルース・マリーが現れたのです。
フォレスト・マーズのように、ブルース・マリーはチョコ業界の大手、ハーシーズの社長、ウィリアム・マリーの息子でした。
フォレスト・マーズ同様、彼は父親の会社経営のやり方が気に入りませんでした。そこで、会社を変えるため、一緒に働けるパートナーを探していたのです。


Fortunately, Murrie met Mars, and the rest was history.
While Mars had the patent for the candy, Murrie had the chocolate. Together, they began to produce the first batches of their coated chocolate candies under a new company, known as Mars & Murrie.
M&M for short.


幸運にも、マリーはマーズに出会い、後の歴史が作られることになりました。
マーズにはチョコレート菓子の特許があり、マリ-にはチョコレートがありました。彼らは、新しい会社で一緒に働き、初めてコーティングされたチョコレート菓子を作りました。それがMars&Murrieとして知られています。
略してM&Mです。


At first, M&M’s were sold exclusively to the U.S. armed forces, as the candies were heat-resistant and traveled well. The partnership was successful, and upon the GI’s return home they would sing M&M’s praises. 


まず、M&M’sはアメリカの軍隊専用に売り出されました。彼らのチョコレート菓子が熱に強く、遠くまで持ち歩けたからです。パートナーシップは成功でした。兵士は帰国にあたって、M&M’sをたたえる歌を歌ったものです。


The good reviews helped spur demand and send production to an all-time high. To this day, M&M’s continue to be included in MRE field rations for U.S. soldiers.
However, with the exciting jump in sales came a new low for M&M themselves.


評判が評判を呼び、需要が伸びて売り上げは最高潮でした。今日もM&M’sはアメリカ兵士の携行食でありつづけています。
しかし、売り上げが好調の傍ら、M&Mに今までとは違った陰りが見えてきました。


Murrie had realized that the larger the company got, the more Mars had become a nightmare to work with. Eventually, Mars became so impatient and unbending, that Murrie ended up taking a $1 million buyout just to be rid of him.


ムリーは会社が大きくなればなるほど、マーズと一緒に働く事が悪夢のように思えてきました。マーズがイライラして、意固地になってきたので、最終的にマリーはマーズの呪縛から解き放たれるためだけに、100万ドルの買収を受け入れました。


Mars subsequently brought the M&M company back under the Mars name, and phased out Hershey’s chocolate in favor of one under Mars’ own name.
In 1981, M&M’s again made history, when they were launched into orbit with the Columbia space shuttle, becoming the first candy in space.


その後マーズはM&Mを立て直したのですが、会社名を「マーズ」として、自分の名前のチョコレートだけが優位になるように、ハーシーチョコレートの影を消していきました。
1981年、M&M’sは再び歴史を創りました。その年はM&M’sはコロンビアスペースシャトルに乗って共に打ち上げられ、軌道に乗った年でした。初の宇宙にいったチョコとなりました。


Three years after that, they were brought to national attention again, when they were named the official snack of the 1984 Olympics in Los Angeles.
Since their rise to popularity in the 1950s, the M&M itself hasn’t changed much. The formula has remained much the same, though the colors and fillings have gone through a few changes.


その3年後、再び国中で注目を浴びることになります。1984年のロサンジェルスオリンピックの公式スナックになったのです。
1950年代に人気が出て以来、M&Mはあまり変わっていません。色や中に入れるものが多少変化しましたが、作り方はずっと同じです。


The original M&M was plain chocolate, with the signature candy shell, which came in brown, red, orange, yellow, green and violet. 
Today, there are dozens of M&M flavors, including classics like peanut and peanut butter, recurring flavors like mint and caramel, and interesting ones like pretzel and birthday cake.


オリジナルのM&Mはプレーンチョコで、キャンディー殻に”m”の文字がつぃていました。今はブラウン、レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、バイオレットがあります。
今日、数多くの味があります。その中には、お馴染みのピーナッツやピーナッツバターがあり、その他に、ミントやキャラメルフレーバー、また、プレツェルやバースデーケーキのような変わり種もあります。


Though the candy is famous amongst Americans, not much is known about the candy making process itself. 
Mars Incorporated is still privately owned and funded, and rumors have swirled for decades about the goings-on inside the factories.


アメリカ人の間でこのチョコレート菓子コはよく知られていますが、作る行程そのものについてはあまり知られていません。
「マーズ」は今でも民間会社ですが、何十年もの間、工場の中で起こっている色々なことに噂が渦巻いています。


Legend has it that contractors hired to repair machines once had to be led in blindfolded, that executives would disguise themselves for meetings with competitors and outsiders, and that the decision-making process is extremely cutthroat.


機械の修理で雇われた人が目隠しをされたとか、上層部は競合会社や部外者と会うときは変装したとか、デザインメイキングのプロセスは極秘中の極秘事項だとかいった伝説があります。


According to Frank Mars’ files, not even the company bankers had access to the financial records, a tradition that may continue to this day — the company is rumored to make over $35 billion per year, which would place them around 83 on Forbes Fortune 500 list, though because they do not file federal tax information they’ve never been included.


フランク・マーズに関したことでは、会社の取引銀行の人でさえ会社の財務記録を見ることができなかったといいます。それは今日まで続いているそうです。うわさでは1年の儲けは350億ドルを越えるそうです。フォーブスの資産ランキング500のうちでは83位くらいになるでしょうが、税金に関する詳細がないのではっきりした順位はわかりません。


Though their secrecy seems extreme, and especially Wonka-esque, their history explains it all. After all, M&M’s themselves began as a reproduction of a foreign candy, what’s to stop someone from getting their hands on the M&M’s secret recipe and repeating history once more?


表に出てこないということは普通じゃないことで。特にこの話はウィリーワンカ風に思えます。しかし歴史がすべて物語っています。結局は、M&M’sは外国のチョコをまねて始まったもの。誰かが秘密のレシピを手に入れて、同じ歴史をたどることがあってもおかしくないでしょう?


左がブルース。やっぱりどこか悲しげ。。。    こっちがフォレスト・マーズ


明日は、2つ目の記事ね。
内容だけじゃなく表現の比較をしてみてね。


MisTy’s Englishラボにも遊びに来て。無料でお得情報公開してます。アソシエイツも募集中! これも無料。仲間だから。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。