MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

7つのダメがあっても、行く所。正式には「世界を照らす自由」。  

スタテン島へのフェリーでは、自由の女神の立つリバティ島には行けません。有料のチケットを買ってリバティ島とエリー島に行くフェリーに乗らなければなりません。


案内板があります。 ↓



このまま進むと、次のようなダメダメサインの英語が・・・。


”STATUE OF LIVERTY” は日本では「自由の女神」として知られています。正式には定冠詞の"the"がついているようです。が、"the statue of liverty"よりも、"STATUE OF LIBERTY"でひとつの固有名詞としてあちこちに書かれています。


実は、この名前自体、正式名称ではないようです。正式には、"Liberty Enlightening the World"(世界を照らす自由)というのだそうです。"liberty"は元々抽象名詞ですから無冠詞ですね。


名称というのは、いくら正式な言い方があっても、通称として一般に定着すれば、その名前が使われるようになります。アメリカでは「コルゲート」と言えば「歯研磨剤」の代名詞なんだそうです。


ところで、「歯研磨剤」のことを何て言ってます?「歯磨き粉」?確かに昔は粉でした。でも、今、ほとんどペーストなのにネットでは「歯磨き粉」のままで出てます。(^_^)


「自由の像」と言っても、「何それ?」と思われるでしょう。いつから「自由の女神」という日本語ができたんでしょう?どうも日本語訳ができたのは明治時代で、そもそもローマ神話に出てくる自由の女神が「リベルタス(Livertas)」だったので、ただの「像」ではなく「女神」にしたようです。アメリカ人も正式名称の"Liberty Enlightening the World"と呼んでる人はいないでしょうね。


"Airport-style Security Ahead"
「この先で、空港式のセキュリティーチェックをいたします」


"-style"ですから、空港と全く同じというわけではありません。次の7つのダメなアイテムをチェックしてみましょう。


weapons        武器
explosives        爆発物
knives & tools      ナイフ、工具
mace          催涙(目つぶし)スプレー
packages        梱包してあるもの 
large baggage      大きな荷物
coolers        クーラーボックス


空港では、ボトルもだめですよね。ここではいいようです。
空港の持ち込み禁止サインは様々で、国によっても違いますが、"prohibited items"とか”banned"や"forbidden", "restrictions","No ~ allowed"などが使われています。
このように。。。("Forbiden" はdが2つじゃなかったかなあ。。。)



ここでは、
"No storage Available"というメッセージがあります。つまり、飛行機では、手荷物として持ち込めないけれど、別に保管してもらうことができるものがある。しかし、ここでは「荷物を預ける場所はありません」ということです。「コインロッカー」は和製英語です。もし言わなければならないなら、"a locker"と言って、"The coin will be returned when it's unlocked."と付け加えるといいです。


ひとつ気がついたことがあります。色々なサインを調べましたが、ほとんどが「荷物」という意味では"baggabe"を使っています。"baggage"と"luggage"との違いはロングマンを見る限り、アメリカでは"baggage"が使われることが普通だということです。


さあ、次回はチケットを買うために並びます。そこで見た英語は、「前売り券」、「当日券」に当たるかな。。。




カタカナ単語は、英語ではないことが多い。
MisTy's Englishラボのアソシエイツになって、コレクションしませんか?
お問い合わせは→ MisTy's Englishラボから。













×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。