MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

リバティー・アイランドに建設される新ミュージアムにまつわるお金のこと。建設現場の英語Part4。

どんな企業が賛同して資金提供しているのでしょう?
企業の名前が連なっています。
見てみましょう。



"Join our current supporters and be a part of her legacy.Donate to the Statue of Liberty Museum."
(ここに挙げたのは「the Statue of Liberty Museum」の建設に賛同し、歴史に残る寄付をしてくださった方々です。あなたもご協力を!)


25万ドル以上(3千万円近く)の寄付をした人(会社)の名前が連なっています。
知っている会社はいくつありますか?


Liberty Mutual Insurance
Comcast NBCUNIVERSAL
Massimo Ferragamo
The Tisch Family 
CHARLES CAHN and NANCY MARUYAMA  ナンシー丸山さん→NY在住の精神科医 
DAVID GEFFEN Foundation
Jeffeery and Paula Gural
GROW Annenberg
Hess Foundation.INC
Ford Foundation
Hearst   Foundations
The Diller - Von Furstenberg Family Foundation
Mellody Hobson and George Lucas
Mr. Jamie Dimon
The Lauder Foundation
Mr. Sergey Brin
Mr. Frank Mccourt
The Charina Endowment Fund
CHANEL
Disney
The Ralph and Ricky Lauren family Foundation
The Howard and Abby Milstein foundation
the Coca-Cola Foundastion
Michael and Linda Donovan
Deborah Simon
Carnegie Corporation of New York
Bloomberg Philanthropies
The Bezos Family
Allen & Company



「the Statue of Liberty Museum」建設プロジェクトの事務長はDiane von Furstenberg(ダイアン・フォン・ファーステンバーグ)さんです。彼女の言葉が書いてあります。
読んでみましょう。



When Liberty calls, it is impossible to say no. Indeed, Lady Liberty is the symbol of everything America is about: freedom, hope, possibility and resilience. It is Her millions of immigrants saw first when they arrived to this country, their hearts full of dreams.
自由の女神が求めてるのなら、NOとは言えません。実際自由の女神はアメリカのすべてのシンボルだから。つまり、自由、希望、可能性、復興のシンボル。何百万もの移民がこの国にたどり着いたとき、最初に目にしたのが、彼女の姿なのです。たくさんの夢を胸に秘めて。


----MisTyの理解へのひと言アドバイス------


● It is Her (that)…..とすればいわゆる強調構文になります。
● ….., (with ) their hearts full of dreams とすればいわゆる”with”の付帯状況になります。


語りかけているような感じがするので、ライティングの文法的ルールはあまり気にしないでおきましょう。



It is my honor today to lead efforts to build the Statue of Liberty Museum. This stunning building will offer 26,000 square feet that will allow for fascinating story telling on the history of Lady Liberty, her original concept, her adventure of being conceived and built, and the people who were involved with Her through history, as well as exploring the Statue as an American symbol of global reach.


「the Statue of Liberty Museum」の建設に関わることができて光栄です。この建物は2万6千平方フィートもあって、そこにいると様々な素晴らしいストーリーを堪能できます。女神誕生の話、彼女は元々どんな目的で建てられたのか、考案から建設に至る道のりや女神に関わった人々のことも。もちろん、世界中に広がったアメリカのシンボルとしての像を目の前で詳しく観察することもできます。



Now, Lady Liberty is calling on you. To complete this new museum by 2019, I need your help.
Will you join me and help build the Statue of Liberty Museum?


女神があなたにお願いしています。2019年までにこの新しいミュージアムを建設したいのです。協力が必要なんです。この「the Statue of Liberty Museum」の建設に力をかしていただけませんか?


Diane von Furstenberg
Statue of Liberty Museum Campaign Chair


さて、
完成予想図を見てどう感じますか?


開放的で自然な感じ?
意外と簡素?
もっとお金をかけて、もっと立派な建物にすればいいのに?


こうしたことに関する、ちょっと裏話的な記事を次に2つご紹介しようかなと思って居ます。
(まだ、自由の女神ネタで引っ張るのかあー、って思った?Please be patient. I'm not gonna disapoint you, really!) 




英文には色々なスタイルがあります。今日のような語りかけるような英文は、あまり文法や構文にとらわれないで、ガンガン前から後ろへ意味を流していきましょう。


MisTy’s Englishラボで、色々な英文に出会おう!
色々な英文を用意してます。→ Contact MisTy


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。