MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

ニューヨークのスーパー"Whole Foods Market"にロフトがあります。でも、あの「LOFT]じゃない。Kombuchaも昆布茶じゃない。スムージーとジュースの違い。

ユニオンスクェアの前にあるホールフーズです。いわゆるスーパーですが、ちょっと高級感もあるし、オーガニックにこだわっていて、最近はamazonが買収して話題になりました。生鮮食料品も含めて売り方もかなり変わってきています。(ここに関連記事を書きました。)
こんな感じです。



さて、今回は次の1枚です。
定冠詞付きの"the Loft"です。


その下の英語はこうです。


COFFEE BAR            コーヒーバー
FRESH JUICE    フレッシュジュース
COMBUCHA TAP  Combuchaサービス
SMOOTHIES    スムージー
SEATING     ご休憩
ART       アート
RESTROOMS   お手洗い


これらから、色々なことが分りました。


1.  "bar"はアルコールだけじゃない。
普通"bar"単独だと、アルコールを出すところになりますが、"a ~ bar"となると、特定の食べ物や飲み物を提供する場所、となります。


コニーアイランドの次の写真思い出してね。
"CLAM BAR"という文字が見えます。サラダバーやワインバーは、日本でも定着してるよね。



2. スムージーは、始めから可算名詞。
"fresh juice"には、"s"がついていないのに、"smoothies"にはついていますね。どちらも物質名詞のように思えますが、ロングマンでは、"smoothie"は可算名詞となっています。定義を引用します。


"smoothie"   →  noun [countable] a thick drink made of fruit and fruit juices mixed together, sometimes with ice, milk, or yoghurt
a strawberry–banana smoothie
(氷やミルク、ヨーグルトなどと果物や果物ジュースを混ぜ合わせて作った、濃い飲み物。)


"juice"  →     [countable, uncountable] the liquid that comes from fruit and vegetables, or a drink that is made from this
a carton of orange juice
A Coke and a tomato juice please.
(果物や野菜から出た液体、もしくはそれから作られる飲み物)


スムージーは、もともと容器に入った「飲み物」として扱われますが、ジュースはまず、物質としての「液体」であり、また「飲み物」である。ということです。だから、スムージーは数えられる可算名詞、ジュースは、可算、不可算の両方があるということです。


3. "seating"は、"seat"が目的にそって並べられた「座席」のこと。
英和辞典では、どちらも「座席」という訳が出てきますが、"seating"は、劇場や会議室のように、"seat"が並べられた全体を指します。だから学校の「座席表」は"Seating Chart"です。


4. Loftに"the"がつぃているのは、ここのホールフーズのロフトだから。


"loft"の定義をロングマンから引用します。アメリカ英語とイギリス英語で定義が違います。


"loft"
American English a raised area above the main part of a room, usually used for sleeping
アメリカ英語では、部屋の主な部分から一段高くなっている場所で、通常寝るために使う。


British English a room or space under the roof of a building, usually used for storing things in
イギリス英語では、屋根がある部屋、またはスペースで通常物置として使われる。


(日本では、「ロフト」付きの物件というと、アメリカ英語の意味に近いのかな、と思います。)


こういう不特定多数のロフトのうちの一つなら不定冠詞の  "a loft" です。でも、ここはホールフーズのお店の特定のロフトだから定冠詞の  "the Loft" なんですね。


ちなみに
I'm going to the bank.  は、いつも利用している(通帳を作っている)銀行に行くこと。
I'm going to a bank. は、通帳は作っていないけれど、どこでもいい銀行のうちのひとつに行くこと、です。
  


5. Whole Foodsで売られているKombucyaはこれ!

"LOVE"の文字と紫色がなんとも意味ありげ・・・。
これも。


LOVE Potion(惚れ薬)と間違えませんかねぇ~。


昆布茶といったら普通これでしょ。


そうです!実はアメリカのKombucyaは昆布茶ではないのです。
いわゆる以前はやった、「紅茶きのこ」だそうです。やはり、健康食品としてNew Yorkでブームになっています。。。
詳しくはこちらにあります。→http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2206
TAP はひねったら出てくる栓だから、ご自由にお飲みください、ということだと思います。


6. "art"(アート)が他の単語に混じって、ここに書いてあるのは、ロフトの一角に次のようなコーナーがあるから。


ニューヨークは芸術家が多く集まっているからね。ホールフーズはその人たちの作品を展示して応援しているのです。ローカルは、田舎のっていう意味じゃなくて、「地元の」。「地元」=「田舎」じゃない。ニューヨークに住んでいればニューヨークが「地元」。


----最後に-----


MisTy最大のナゾ!
だいたい、この看板、階段降りるときにしか見れないじゃないかー!
この場所に掲げた理由は・・・?
ま、どうでもいいことだけど。


このロフトには、まだまだステキな英語があったから、明日も読んでね!




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。