MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

ニューヨーク、ホールフーズマーケットは国際救済委員会のつながっていた。

”Making refugees welcome through "Nickels" with Whole Foods”
「ホールフーズの5セント硬貨から生まれる難民受け入れ」


という記事を見つけました。



あ、このロゴ、知ってる!みなさんも知ってますよね!一昨日のブログにのせましたもん。


そう、"International Rescue Committee" (国際救済委員会)です。世界で40か国が加盟しているNPO団体ですが、日本支部はないように思います。もし、あるのをご存知の方がいらしたら、是非教えて下さい。


さて、この記事の本文を引用して、読みます。(カッコ内はMisTyによるものです。)


When it comes to well-rounded community partners, Whole Foods Market takes the cake. A long-term supporter of the IRC across the country, local Whole Foods Market locations have built strong relationships here in Northern California. 


多方面にわたるコミュニティーとの連携ということでは、ホールフーズマーケットが一番です。ホールフーズマーケットは、国中にあるIRC(国際救済委員会)へ長い間支援を続け、ここ北カリフォルニアでも強力な関係を築いています。


First in Oakland, and now in Silicon Valley. The IRC in San Jose was the Nickels for Nonprofits beneficiary for all South Bay stores in the first quarter of 2016. Nickels for Nonprofits allows store patrons to donate the 5¢ cost of an unused shopping bag to a local goodwill organization chosen quarterly. Over four months, the stores raised $7,558.93.


最初はオークランドで、そして、今はシリコンバレーで、サンホセのIRCは2016年第一4半期にサウスベイすべての店で「5セント支援運動」をやりました。この支援はショッピングバッグを使わなかった分として、5セントを年4回、地元の慈善団体を選んで、そこに寄付するというものです。4か月で、7558.93ドル(約82万円)。


In April, Whole Foods Market invited IRC representatives to table at the Campbell store to share the IRC’s mission and work with local shoppers. As a special treat, IRC client and Whole Foods employee Gulbat Khan was able to join for the day! “It was such a nice experience,” Khan said. “Everyone at Whole Foods and the IRC is so friendly. I’ll always do whatever I can to help.”


4月には、ホールフーズはIRCの代表をキャンベルストアに招いて、IRCが行うべき目標を確認し合い、地元のお客様たちと5セント集めの活動を行いました。素敵なことに、IRCを支援していただいているホールフーズのガルバト・カーンさんが参加してくださいました。カーンさんは、「素晴らしい経験でした。ホールフーズとIRCはとてもいい関係にあります。いつもできることは何でもしますよ。」と言ってくださいました。


The funding provided through these efforts will provide the crucial operating support necessary to deliver flexible, quality, and innovative services to the area’s refugee community. We’re proud to partner with Whole Foods Market to build a welcoming community in Silicon Valley. 


こうした取り組みで集まったお金は、状況に応じて、質の高い斬新なサービスをその地域の難民コミュニティーに届けるための活動支援に使われます。我々はホールフーズと共に活動することを誇りに思い、シリコンバレーに難民受け入れ施設を造ります。



----MisTyのひと言----


日本では、移民・難民問題はほとんど話し合われません。しかし、「これからは、グローバル社会の一員として、他の国と連携しながら諸問題を解決していかなければならない。」、「英語教育に力を入れて、国際社会で活躍できる人材を育てていかなければならない。」と言われている中で、実際他の国のことを知り、そして自分の国のことを知り、自分自身で考えて、話し合うことができる、まずそうした力を英語力と共につけていかなければならないと思います。



Englishラボの新しいページができました。
小論文、面接、ディベートに役立てていただければうれしいです。
→ Englishラボの"TheHours"----What's going on out there?











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。