MisTy's Talking New York / New Yorkで見つけた英語

New Yorkの街を歩きながら、色々な英語表現を見つけています。

"...., but changing lives never is." の "never"の位置のこと。

29日のニューヨーク市の広報、DHS (ホームレス救済局)の記事の中で、職員が何回もホームレスと接して、手を差し伸べて(Outreach)いくという流れで、職員の言葉の中に、
"It's not easy, but changing lives never is.  ......"という部分がありました。この後半です。


"never"の位置に注目。副詞の位置は比較的自由なところがありますが、be動詞があればその後ろに置くことが一般的です。I'm always busy. のように。


"never"は副詞です。しかし、
Never など否定語が文頭に出ると、


Never have I seen such an interesting movie.  
そんな面白い映画を今まで一度も見たことがない。


のように後ろが、疑問文のときと同じ形に倒置します。


昨日の"not until~"は、強調構文の中にある形でしたが、これを文頭に持ってきても同様です。


Not until yesterday did I know that.   昨日になってはじめてそれを知った。


しかし、Changing lives never is. はその形ではありません。話の流れからして、Changing lives is never (easy). であろうとはわかりますが。。。


実は、これは、前にIt's not easy, があることが決め手なんです。


会話で、 "He is right.  NO!  he is not right. He never is!" と言います。
「彼の言う通りよ。いいえやっぱり違う! 彼は間違ってる。絶対にね!」といった具合です。


I'm not a lier!  I never am!  私は嘘つきじゃない!絶対に!
I won't do it!  I never will!  絶対やりません、二度と!


とか、前が否定のときです。


このフレーズは、It's not easy, but changing lives never is.  と主語は違いますが、同じパターンで、「(何回も手を差し伸べ続けるのは)容易ではありません。でも、人生を変えることは本当に容易なことではないんです。」となります。


この用法は、口語的なためか学校では教えません。しかし、実用英語重視の傾向ですから、今後は下線部問題になったり、リスニング問題になって出題されるかもしれません。(並べ替え問題まではならないと思いますが。。。(^_^))


長くホームレスであった人たちは、なかなかその環境を変えようとしない人が多いようです。でも、決して無理矢理連れて行くのではなく、時には200回も声をかけ続けるという職員の努力を知りませんでした。。。その人たちは、人生を変えるということは勇気のいることで、恐れもある。決して簡単なことではなくとても大変なことなのだ、と相手のことを理解してあげているのですね!


MisTyは今まで自分のまわり(日本)で何人かのホームレスを見たことがあります。その一人は、団地のバス停で寝泊まりし、公園の水道で体を洗っていました。自治会で話題になっていたことを覚えていますが、いつの間にか姿が見えなくなり、結局どうなったのが分らずじまいです。今更ながらにそのことが頭をよぎります。。。。


HOME STATのチーム  (DHSのホームページより)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。